20代女子向けの美肌術

20代女子の特徴

ハタチを過ぎると、それまでまるで同じように歩んできた友達とのライフスタイルにも変化が起きてきますよね。

就職、結婚、出産、キャリアアップなど・・あとから振り返れば、「あの時人生を突っ走ったなぁ・・」と思える年代だと思います。

若いながらも、自分の人生に対する決断が多い時期でもあり、怖がらず新しいことにどんどんチャレンジして、自然と自分らしさが見えてくる時期です。

20代前半は自分のやりたい放題、朝まで遊んで無茶して、それでもお肌は元気でいてくれます。

「まぁ、いっか」なんて、メイクを落とさずに寝てしまっても、肌トラブルはさほど感じられなかったり、しばらくスキンケアを頑張ればまた元通りに肌が回復したりすることが多いと思います。

しかし、20代後半になってくると、徐々に肌にも変化が現れてきます。

「あれ、しみが・・」「くすみが・・」と気になり、20代前半よりもちょっとリッチなスペシャルケアを試してみたりすると思います。

自分へのご褒美に、と少し高価なスキンケアを試してみたり、エステに通ってみたり、それはそれでまた新たな楽しみになったりすると思います。

また、結婚、出産を経験された方は、仕事に育児にとバタバタする毎日を送ることで、自分の時間がなくなってしまい、どうしてもスキンケアに時間が取れなかったりしますよね。

自分のことがどうしても後回しになってしまうのが、頑張るお母さんの性かと思います。

20代女子

最近では、白肌ブームなので将来のためにも日焼け対策を若いころからしっかり取り組む女性も多く、スキンケアに対する意識は高い傾向にあるかと思います。

ネットやSNSなどでの情報量も多く、さまざまな悩みに合わせたスキンケア製品も増えています。

ですが、年齢に合わせたスキンケアができている女性は、実は少ないと言われています。

どの世代でも「毛穴の開き」「しみ」の悩みは共通ですが、中でも20代は「毛穴の黒ずみ」「ニキビ」「テカリ」の悩みが多い傾向にあります。

年齢を重ねると、乾燥からくるシワ、たるみ等の悩みが増えてきますが、やはり若いころは皮脂が多いせいか、肌のベタつきからくる肌トラブルが多いようです。

それぞれ、自分の肌の悩みをどうにかしたいと思いつつも、面倒くさい、お金がかかる、方法がよくわからないと思ってそのままにしてしまい、コスメや洋服、装飾品の方にお金をかけてしまうのが20代女子の特徴のようです。

昔からニキビ肌で悩んでいる方、外での仕事が多い方、オフィスワークでエアコン等で乾燥が気になる方、飲食店などの夜の仕事で体や肌への負担が大きい方、など若いからと言って、その頃の悩みは人それぞれで、それぞれが大切な悩みであることは間違いありません。

また、20代後半になってくると、社会的に様々な責任が増えてきます。

ストレスが溜まることで、睡眠のリズムや食生活の乱れ、肌への負担も大きくなります。

忙しい現代社会の中でたくましく、しなやかに生きる女性たちにも、自分のための時間をしっかり作ってあげて、肌をしっかりケアしてほしいと思います。

20代女子2

最近では30代、40代の女性で、美容にもファッションにもぬかりなく取り組み、いつまでも若々しさを無くさない素敵な女性が増えています。

大切なのは、【きれいでいたい】と思う気持ちをいつまでも忘れないことでしょう。

なんといってもまだ20代です。

初めて会う人にいくつか尋ねられても20代として答えることができる強みを生かして、今できるスキンケアを楽しみながら取り組みましょう。